​成人の唇裂鼻変形に対する修正術

​症例

63歳、男性。

9年前に肋軟骨移植による鼻形成術を受けられましたが、術後に感染を起こしてしまい、移植軟骨を抜去せざるを得なかったとのことでした。

お仕事も落ち着き、少し時間にも余裕ができたとのことで、再度の鼻形成を希望されて当科を​受診されました。

%E9%87%8E%E6%9D%91%E4%BF%8A%E5%85%8B2011

患者さんの主訴は

 ① 鼻が低いこと

 ② 鼻が曲がっていること

 ③ 鼻の穴が正面から見えること

​ ④ 左鼻孔が右とくらべて幅広いこと

​でしたので、以下のような手術プランを考えました。

​手術プラン

① 鼻が低いこと

  ⇒ 肋軟骨を用いた鼻尖部挙上

② 鼻が曲がっていること

  ⇒ 鼻背部への肋軟骨移植を用いた斜鼻矯正

③ 鼻の穴が正面から見えること

​  ⇒ 肋軟骨を用いた鼻中隔延長

​④ 左鼻孔が右とくらべて幅広いこと

  ⇒ 鼻孔底の皮膚を切除して幅を合わせる

​ソフトを用いた術前シミュレーション

野村俊克正面.png
野村俊克術前シミュレーション正面.png

​術後予想

野村俊克側面.png
野村俊克術前シミュレーション側面.png

​術後予想

​手術

野村手術記録.jpg

​最終結果

野村俊克正面.png
野村俊克側面.png

​術後はほぼシミュレーションどおりの結果が得られ、患者さんは非常に満足しておられます。

​口唇口蓋裂の治療に戻るには こちら