​治療症例(両側唇顎口蓋裂)

両側唇顎口蓋裂初診時

​生まれたときに両側の唇顎口蓋裂を認めました。

​口唇形成術
術後10か月

生後3か月、生後6か月の2回の手術でくちびるを整えました。術後1年の状態です。適切に組織を扱えばきずあとは目立ちません。

術後4年

術後4年の状態です。時間経過とともにきずは目立たなくなっていきます。

口唇口蓋裂の治療に戻るには​ こちら

診療案内のトップに戻るには​ こちら